鶴長芽依

Tsurunaga Mei
外資系企業に 20 年間勤め、仕事がら地主様、地元の名士、経営者、銀行・不動産会社・建設会社の社員、役員の方など、様々な分野の方たちと多くのお話しをする機会に恵まれ、コミュニケーションの重要性、お話を聴くことの大切さを学ぶ。

あるとき、70 代の女性の地主様と商談をしている際、今でも現役で医療ヨガ(現在のメディカルヨガ)の講師として、多くの生徒さんにヨガを教えているというお話を聞く。その方は 40 代の頃に交通事故に遭い、下半身が不自由になられているにも関わらず、今でも積極的にヨガを教える立場であり続けることに衝撃を受ける。
ヨガのパワーと効果を身をもって知りたくなり、ヨガを始める。
また、人と人とのコミュニケーションにおいて、相手のかたのお話を積極的に、真摯に聴く=傾聴を行うことが、相手のかたの心を癒し、そのかた自身の気持ちや考えを整理させる力があることに気づき、独学で傾聴を追求し続けている。

また、ファスティング(一定期間、固形物を採らずに必要最低限の栄養素のみで生活すること)を生活に取り入れることで、体本来の免疫力を高めることにも注力している。

メディカルヨガインストラクター資格取得
ストレッチトレーナーセルフ資格取得 ファスティングコンサルタント資格取得